FC2ブログ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ずっとずっと大好きだよ。
2014年11月01日 (土) | 編集 |
チビとにん
この写真、1匹はチビちゃんだとして、
もう1匹の子は誰?となるのが普通です。
『猫たちの紹介』の中にはいません。
悲しい話になってしまいますが見て頂けると幸いです。
この子も、立派なうちの子なのです。
どうしても紹介したかった。


うちには茶トラの子がもう1匹いました。
手前がまだうちに来たての頃のチビちゃんで
うしろが先輩猫の忍(にん)くん。
イキナリうちにやってきたチビちゃんに
お兄ちゃんとして接してくれていた優しい子です。

でも人間にはかなりの警戒心を持っており、
家の人間以外の人には懐きませんでした。

そんな中、まだ旦那になる前のパパだけには懐いてくれました!
これは本当に嬉しかった、認めてくれた気がして><


にん3
実は祖父の意向で長年、猫と暮らすことが出来なかった我が家。
祖父が亡くなった後の5年後に、私の母と
運命的な出会いをして家にやってきました。
この頃は私の父が祖父の意向を継いでいて反対していたのですが
保護状態で一緒に暮らしていく内に見事メロメロになりました。

にん2
このアングル、お気に入りです。

にん1
チビちゃんとは柄が似ていたので、よく親子か兄妹かと
間違われていました。
でもね、血は繋がってないけど嫌がらずに"お兄ちゃん"を
やってくれていましたよ。
チビちゃんが結構お転婆で、時折忍くんに
噛みついたりしたときも怒らない。

私が辛いとき、何も言わずにそっと寄り添っていてくれる。
本人に慰める気持ちがあったかは分からないけど、
優しい忍くんなら、きっとそうだよね。

普段は素っ気ないくせに寒い時期になると
何気なく膝の上に乗ってきて丸くなることも可愛かった。
出勤前で困ったときもあったけど。

そんな忍くんが天使になってお空に旅立ってから
もう1年になります。
原因は脱走してしまった時に起きた事故でした。
私がそのことを知ったのは仕事から帰ってきて
冷たくなった忍くんを見たときでした。

今でもここにいるみたい。
大切なものを失うって本当に辛いですね。
どんなに辛くても、もう忍くんは寄り添ってくれないんだって
思うと涙が溢れてくる。

彼が私たちのところへやってきてくれて、
一緒にいてくれて本当に幸せでした。

これからもずっとずっと大好きだよ。
いつかまた、新しい命で私たちのところへ
会いにきてくれると信じています。


テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
やばいです…
初めまして!
コミュからきました(^^)

ブログ拝見させていただきました…
ヤバいです。泣きそうです。
うちも実家に18年目になる猫がいます。
もしその子が死んでしまったらって考えたらむりですね…

きっと天国からご家族のこと見守ってくれていますよ(*^^*)
2014/11/09(Sun) 02:31 | URL  | 恭平 #3GjsgtXo[ 編集]
>恭平さん

足を運んで頂いたうえ、コメントまで頂きまして
ありがとうございます!

18年!
そんなに長生きしてくれているなんて、恭平さんのことや
ご家族のことがすごく大好きなのですね。
離れたくない、と思っていると思います。
大切な子が亡くなることは、いつでも、誰にとっても辛く悲しいことですよね・・・。

天国から、またいつかひょっこりと私たちのところへ姿を現してくれることを
楽しみに待っています。
2014/11/11(Tue) 12:27 | URL  | 天乃 琉那 #X6lTdxlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。