FC2ブログ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 潰瘍性大腸炎診断、2人目こんにちは、そして入院
2016年05月26日 (木) | 編集 |
お久しぶりでイキナリですが、
入院生活3日目を迎えています。

ここに到るまでの経緯ですが。

5/9に潰瘍性大腸炎と診断され、
そのときは下血以外は特に症状もなく
薬(アサコール+整腸剤)治療となったのですが、
薬を飲み始めて数日後、吐き気・お腹の下りが
数日間治まらず…。
ご飯まともに食べられない。
仕事も辛い。

紹介状を書いて頂き、5/17大きな病院で受診。
アサコールアレルギーと診断、
メサラジンに変更。
しかし、まったく良くならず。

5/23深夜1時38.6℃の高熱が。
同日、再受診。
受診時には37.4℃ぐらいに下がる。
生理遅れてることもあり、産婦人科も受診。

なんと2人目ベイビー判明。
5週目。

吐き気の原因はこれだと思われる。
しかしお腹の下りは潰瘍性大腸炎。
このとき専門の医師不在の為、実家へ帰宅。
数時間後おそろしい腹痛、寒気が到来。
そして熱は39.6℃に達する。
意識朦朧。救急車で搬送され即入院。

もうね、色々ありすぎて(TωT)
2人目望んでいたので嬉しかった…
嬉しかったのに、最悪の場合、バイバイを
しなければならないそうです。

理由はレントゲン。
レントゲンを撮ると胎児への影響が
かなりあります。要は被爆してしまうのです。
絶食で症状が良くならないと、腸の状況を
撮影しなければならないそうです。
5週目は一番影響を受けてしまう時期なので、
本当に最悪の場合は…( p_q)

内視鏡検査じゃだめなん?と思ったので
聞こうと思いますが、検査の前に飲む、
あの2リットルの下剤が良くないのか…?

とりあえず、息子もいるので早く良く
なりたいです。
もちろんなるべくなら息子の弟か妹も
無事な形で帰りたいです( p_q)


スポンサーサイト
テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。